2020年7月18日 (土)

巡回相談バスの運行

 

こんにちは、司法書士の安井章人です。

未曾有の令和2年7月豪雨や新型コロナ感染症拡大の新たな局面というニュースに際し、

被災された方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、

ボランティア活動、医療に携われている方々へ感謝申し上げます。

 

取り立ててこれといった特技も技能もない私ですが、

私自身、何か役に立てることはないかと考えた時に、ふと思いついたことがありました。

それが「巡回相談バス」でした。

Img9061

 

Img9062

 

東日本大震災後間もない2011年10月に、

被災した陸前高田市へ司法書士会の有志で相談員スタッフとして出向いたときに、

現地の方に言われた言葉が今でも忘れません。

 

「自分たちの都合のいい場所で相談会をしてもらうのではなく、本当に困っている人の場所に出向いてもらいたい。」

 

陸前高田市へは飛行機でいわて花巻空港へいき、そこからレンタカーを借りて2時間は走ったと記憶してます。

アクセスという面では仙台や盛岡よりは悪いのは明らかでした。

ただ、相談場所として相談員が行きやすい場所に集まっていても、そこまで行くのが大変な方もいらっしゃいます。

翻って名古屋を中心として考えたらどうかと思い、有志が集まりできたのが、「NPO法人相続おたすけネットワーク」です。

 

今回原点に帰して相談地に伺う。

市民に寄り添う形を求めて「歩いて行ける感染リスクを極力さけた場所」での開催場所を提供していきたい。

昨今、面談相談は極力避けた形での対応に終始している状況もうかがえます。

一方で、相談したい方のお悩みはコロナ禍においても一定数はあります。

 

ただ、電話相談でも対応する旨や、ご来所いただいて相談無料、WEBでの相談は無料ということはありますが、

相談者としては電話ではご不安なことを上手く伝えきれなかったり、

昨今の通信手段において不慣れな点もあり相談者に寄り添った形はとれていないことも多々あると思います。

 

 そこで、なるだけ公共交通機関を利用せず、住んでいる地域の近くで、

 

歩いていければ感染リスクは低くできるのではないかと考えました。

 

また会場については、公民館など各地域のコミュニティセンターの利用の可否についても検討しましたが、

 

利用することで感染者が出たときのリスクがあると考え控えました。

 

 

ただ、かといって、青空相談では熱中症の危険もあるため、

 

会場を「バス」として、窓を開け、アクリル板などを設置したうえ、

 

感染症防止対策を施し、専門家もなるべく少人数で対応してはどうかと考えました。

 

 

面談で相談を受ける専門家の職域外の相談がきたときには、

 

その場で他の専門家にWEBでつなぎ複数人で対応に当たれるよう体制をつくります。

 

 

ちょうど昔、私が幼稚園に通っていたころ、移動図書館というものがありました。

 

子供としては帰りがけにいろいろな絵本に出会えることは楽しく、

 

通園途中の親にとっては便利で有意義だったと察します。

 

そんなバスの「巡回相談型」があったらいいな、を形にしたいと思いました。

 

 

 バス業者様にお話を持ち掛けた際には、「大変な時期ではあるが、協力させていただきたい」

 

とのことですぐに了解が得られました。

 

また、打ち合わせの際に判明しましたが、バスはその換気性能に長けており、

 

車内の空気の完全入れ替えに約5分で対応できるそうです。

 

まさに感染症対策には最適と思いました。ご協力いただき感謝いたします。

 

 

まだ試験的な運行にはなりますが、色々な方々の協力をえて、少しでもお悩みがある方の一助になれればと思います。

 

代表司法書士 安井章人

(NPO法人 相続おたすけネットワーク代表理事)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月12日 (日)

自筆証書遺言書保管制度 はじまる

令和2年7月10日から全国の法務局で始まった、自筆の遺言書を保管してくれる制度

▶︎自筆証書遺言書保管制度

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji03_00051.html

法務局のうち本局・支局312箇所において対応可能となるようです。

ただ、本人の住所地や本籍地、保有してる不動産の場所などでどこで作成できるかという管轄というものはあるので注意です。なのでどこの法務局でもできるわけじゃないですが、大都市圏では案件が集中される懸念はありますね。

→確認メールはありがたい

Img9006

◆流れ

1.遺言書を書く

2.管轄を調べる

3.申請書を作成する

4.必要書類集める

5.予約する

6.出向く

7.保管証明もらう

 

→リニューアルされてました!

Img9007

◆感想

予約してすぐの確認メール、予約の前日確認メールあり、

当日は余裕をもって時間設けてくれているので、ちょっとした不備には対応できる時間もあるなぁと。

一枚だけで収まる形式の遺言書にしましたが、形式的なチェックには45分上は

かかってました。というか、僕の遺言書、財産のことよりもメッセージ(付言事項)の方が長くなってしまった。

でも、今までの人生を色々と振り返る機会ができてよかったかな、と。

実際のところ、形式的なチェックというより、中身を見ないと受遺者(貰い手)か遺言執行者(遺言内容実現する人)か、

それを兼ねているのかもわからないし、大変そうだと感じました。

法務局の方も遺言書作成に慣れてないだろうし、表現方法によっては解釈が異なることも出てきてしまうし。

 

◎メリット

【1】自宅ではないところで保管できる。

【2】信託銀行などと異なり継続的な保管料がかからない。公証役場と異なり保管年数の制限もない。

【3】通常の自筆証書遺言なら、亡くなられた後に家庭裁判所において検認手続きというもの

(遺言として形式的に使えるものとお墨付きを得る)が必要になりますが、これが不要。

大幅な時短となる。

【4】遺言書が隠されたり、捨てられたり、書き換えられたりということがない。

 

●デメリット

【1】内容確認はされません。遺言が存在するという点においては良いですが、ただ書けばいいっていうものでもないです。

書き方によってメリットがあるものかどうかはわかりません。

【2】表現方法によっては相続するのに手間取ることもあります。例えば農地なら、許認可が必要となることもあります。

【3】相続人には亡くなられても遺言書があることの通知はされません。

ご家族や関係者に事前に作ったことを知らせるくらいはする必要があります。

【4】遺言書自体は全文直筆です。公正証書遺言と違って色々と書かないといけません。

公正証書遺言は横着に言えば口頭で伝えて署名捺印のみです。

【5】必ず出向く必要あります。付き添い人はあってもよいが、来てくれ!はダメ。

公正証書遺言と違って自宅や、病室や、喫茶店にも来てくれません。

【6】データを読み込む段階で文字を誤って読み込む可能性があるようなので注意。

 

→簡素!

→専用の封筒もあるようで

Img9009
Img9010

◼️雑感

法務局はおそらく遺言書保管件数に躍起になるでしょう。

ただ、かといって受け入れる予約の枠を増やしすぎるのはまずい気がします。

なぜなら、内容の凝ったものを提供されれば、それだけその予約の時間内で到底処理出来ないものになるから。

また不測の事態も考えられます。

予約した人は時間に余裕のある人ばかりではないし、万が一継続審査?(改めて予約取るのかしら?)

なんてなったときに対応できる枠は後回しになるのか。

 

年間の自筆証書遺言の検認件数1.7万件以上です。

これを単純にすべて法務局で作成したものと置き換えは出来ないですが、ニーズに応えていえるか今後の展開に期待します。

 

そういえば、待ち時間のときに、ひっきりなしに質問電話かかってきてました。

職員が判断しかねることが多いとわかるや、電話の向こうでは怒り気味の様子。

職員が謝るという構図。

法務局が悪いわけではないのに。

これではその部門の事務が進まないぞーなんて思いました。

2020年7月 1日 (水)

テレビ電話による電子定款認証 はじまる

 

会社設立時における電子定款認証では、公証役場に出向かなくてもテレビ電話による通話によって、公証人が本人確認等を行い、認証手続きを行うことが出来るようになりました。

 

今までは遠方の会社設立の依頼があれば、依頼者またはその地域の知り合いの専門家に近くの公証役場での定款認証を依頼していました。

 

専門家に頼むにしてもさらに費用はかかるので、少なからず依頼者の負担は増えるわけです。ただ、これからはそんなこともなくなりそうです。

 

去る令和2527日初めての利用でした。

 

感想は・・・移動がない分とっても楽です!

 

流れとしては、

1】いつも通り、事前に公証役場に設立に際しての定款案を送信。

 

2】テレビ電話の予約を入れる。

 

3】予約完了メールの確認をする。

 

4】ご依頼者様からいただいた資料を公証役場へ郵送。

 

5】電子定款認証オンライン申請及び費用の振り込みをする。

 

6】予約日時にテレビ電話する。会員証の提示を行ったりする。

 

7】後日還付書類は戻していただく。

という感じです。

 

ただ、事前に必要な書類を送付しておくこと、また返送までの時間を考慮するとスケジュール的にギリギリの案件では対応は厳しいと思われます。

よっぽど遠方となれば切迫案件は受けなけないということになろうかと思いますが。

手数料は振込ですから手数料はかかってしまいますが、嘱託者は事務所にいなくても出先のスマホからでも認証作業は出来ますから非常に便利です。

 

 

今回は、公証役場の方も初の案件だったようで、お互いのスタッフ同士がのぞき込んで認証作業になり和気あいあいとした雰囲気になりました。

ただ、振り込み手数料を引いて振込んでしまい冷や汗をかきました。

どんどん進化していきますね。

司法書士 安井章人

2018年2月22日 (木)

はじめまして(小川)

はじめまして

 

安井司法書士事務所の小川和也と申します。

所長が、これからブログを書いていくとの決定をし、スタッフも順番に執筆していくのですが、その第1人目が、私ということになりました。そうです、ジャンケンに勝ったのです(男気)。

 

しかし、いざ、ブログを書くとなると、なにを書けばよいものかと、キーボード上の指が進みません。趣味のことを書くのか、司法書士業務のことを書くのか、ぶらり一人旅のことを書くのか・・・と、悩んでいても、次の仕事が進まなくなってしまうので、とりあえず、つらつらと指の赴くままに書いていこうかと考えております。拙い文章ですが、よろしくお願いいたします。

 

 

さて、初めての投稿ということなので、やはり自己紹介的な記事にさせていただきます。 

私が、司法書士試験に合格したのが、齢23歳のころ。その年の平均合格年齢が、34~35歳くらい、私は中部圏では最年少でした。大学時代にずっと勉強をしていたわけですが、まわりに司法書士を目指している学生はおらず、いざ合格してみても、同級生は中部にはいませんでした。ということは、大学生は、そもそも司法書士を目指さないということなのでしょう。それは、なぜか。私が思うに、若い人は、単に司法書士を知らない、司法書士に馴染みがない、ということだろうと思います。

 平成生まれの半数が、100歳まで生きるともいわれている現代において、‘3歳から司法書士‘というのも「若い」といえなくもないのかもしれませんが、学生が司法書士を知らないということも、「街の法律家」を謳う業界として、どうなのかなと考えるのです。

 

 

このように、自己紹介から話は脱線していくわけですが、私の頭では、これは致し方ないことですので、ご了承いただければと思います。

 

これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

小川和也

 

名古屋市 丸の内駅徒歩1分 相続・遺言・戸籍収集

「親しみやすい、相談しやすい、わかりやすい」をモットーに、

人と人とのつながり「縁」を大切に邁進します。

安井司法書士事務所

2018年2月21日 (水)

法定相続情報証明制度

昨年(平成29年5月29日)から始まりました法定相続情報証明制度ですが、

どれほど利用されているのでしょうか。

 

この制度は、簡単に言えば、金融機関やその他各種相続の手続きにおいて、その都度、

戸籍一式をコピーして原本還付してもらったり、窓口担当者が確認作業をするという作業が、法務局が認証した「法定相続情報一覧図」を提出すれば大幅に時間短縮ができるというものです。

 

私も、ものは試しでまず利用してみようということで、

名古屋法務局に朝一で申請してきました。

ただ、運用開始初日でもあったためか、職員の方もずいぶんバタバタしていて

一つ一つ確認の作業がとても時間がかかっていました。

 

この証明を取得するには、以下の3ステップです。

1、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式を揃え

2、相続関係説明図たる一覧図を作成して

3、法務局へ申請書(申出書)とともに申請する

詳しくは安井司法書士事務所へお尋ねください。

 

特に今まで金融機関はこんな感じと見受けられました↓

1、窓口担当者が相続人を把握するのに一苦労

2、手書きの戸籍の文字を解読するのに一苦労

3、戸籍が古いものになると枚数が多いものもありコピーするのに一苦労

もうこれらは解消されたと考えていますがどうなのでしょうか。

 

一方で相続税の申告時に、税理士さんにこの証明を戸籍の代わりに使用してみてはと

お伝えしたところ、まだ税務署には利用が認められていないとのことでした。

 

こちらも運用は変わりそうです。

平成30年度税制改正で、平成30年4月1日以降の相続税申告にかかるものは、

戸籍謄本のコピーでも、「法定相続情報一覧図」のコピーでも可、となるようです。

今まで相続税の必要書類では、『被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍の謄本』

と原本提出が原則でしたから、メリットは大きいですね。

 

ただ、法定相続情報一覧図の発行自体は「無料」ですから、原本提供でもよさそうなものですが、さらなる制度活用の場が広がっていけばと思います。

 

安井章人

 

名古屋市 丸の内駅徒歩1分 相続・遺言・戸籍収集

「親しみやすい、相談しやすい、わかりやすい」をモットーに、

人と人とのつながり「縁」を大切に邁進します。

安井司法書士事務所

2018年2月16日 (金)

商業登記のフリガナ表記

最近は少しずつ暖かくなってきました。

事務所内はスタッフが寒がりな人が多く、室温は下げれば顰蹙を買うので、

私はひんやりしたへ移動。仕事は程よく寒いほうが効率が上がります。

さて、今日は司法書士実務に直結するお話を。

政府にて決定されています、

「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」に関連して

商業登記関係で各種変更が行われるとのことです。

 

【商業登記関係では】

1、商業登記のフリガナ表記の運用が始まります。

つまり、平成30年3月12日(月)以降,法務局に商業・法人登記申請書を提出する場合には,申請書の「商号(名称)」の上部に,法人名のフリガナを記載することになります。

詳しくはコチラ→http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00109.html

2、法人番号公表サイトでも運用開始(平成3042日より順次)されます。

 ご依頼者の方(特に読みづらい商号の方)には、改めて商号名を確認させていただくことになろうかと思います。

 

3、株式会社・合同会社の設立登記(新設合併・新設分割・株式移転によるものを含む)を、

原則登記受付の翌日から3日以内に完了するものとする。(平成30312日開始)

ますますIT化の波が来ていますね。
ただ、どこまでいっても「人」が要らなくなるということはないと思います。
が、どの場面でいるかは模索していかないといけませんね。

安井章人


名古屋市 丸の内駅徒歩1分 相続・遺言・戸籍収集
「親しみやすい、相談しやすい、わかりやすい」をモットーに、
人と人とのつながり「縁」を大切に邁進します。
安井司法書士事務所

2018年2月15日 (木)

高校で出前授業

今日は愛知県司法書士会の事業の一環として、「市民法律教室」
という名の高校生向けの出前授業でした。


 毎年恒例になってきましたが、かれこれ7年ほどやっているでしょうか。

内容は、これから大学へいき、成人となる3年生向けに悪質商法に気を付けましょうというもの
―架空不当請求、キャッチセールス、アポイントメントセールス、マルチ商法等々
・・

みんな寝ずにちゃんと聴いているのが感心!

自分が高校3年生だったら・・・どうだったでしょう・・・

 

お邪魔する昭和高校は、私の母校ということもあり先生方の顔ぶれの変遷を伺うのも楽しいですし、
何より帰ってきたなぁという感慨深いものがあります。

 

た・だ・し、

 

当初1年目は3年生全員の前(360名)の前で話すこと自体が慣れず、
緊張した記憶しか残っていません。

しかも体育館の舞台の上の教壇の中に隠れてお話しした記憶が微かにあり。

聴いている生徒たちは、天井から神の声でも聞いているかのよう・・・。

「あちゃー」という感じでした。

 

以下自分の中の変遷です。

2年目は、教壇の前に出たもののカンペを凝視して話す始末。逆質問でビビる。

3年目は、舞台から降り生徒と同じ目線で話す。ただ、カンペは手放さない。

4年目は、カンペは下に置き、忘れたら見る程度。

5年目は、カンペなし。生徒に協力してもらう、かつ質問を投げかける。

 

少しずつですが、慣れると気がラクになってきた模様です。

 

校訓は「愛・敬・信」

後輩のために、母校のために何か貢献していきたいという思いは強くあります。

そして、最後にいつも伝えることは一つ。

この高校生活で築いた友人はずっと大切にしていってねということ。

何かあったときに相談できる仲間がいることがまず大切です。


 

卒業した生徒にたまたま会うことがありました。


そしてこんな質問をば。

『卒業間近に体育館で僕が話したことは記憶に残っている?』

 

「え!?来てました?」

 

そんなものですねー、苦笑

 

来年は、もっと生徒に質問を投げかけていこうと思います。

安井章人

2018年2月13日 (火)

駅伝大会出場

去る1月27日(土)司法書士の広報活動の一環として、
名古屋市主催の駅伝大会に出場してきました。

Img_1092





チーム名、名古屋司法書士ARC(あ)、名古屋司法書士ARC(い)
※ARC(オールランナーズクラブ)司法書士本職も、司法書士事務所の従業員の方も参加できるという意味を込めて。
なぜ(あ)、(い)という名称かと言いますと・・・同順位という意味です。

司法書士の関係者の方はよくわかりますね?!
優劣をつけずフラットな関係でいたいということの意味を込めて。

昨年に続き2回目ですが、2チームエントリーして、
参加チーム110チームあまりのうち、結果は71位と79位でした。

結果よりも内容が大事です!」と言い聞かせています。

今年は横断幕と応援のぼりもつくり一致団結して臨めたことが一番の収穫でした。
弁護士会の方も「うさぎ」と「かめ」の2チームエントリーされていてましたが、
うさぎチームには遥かに届かず。
来年こそはうさぎの尻尾を見れるくらいにはチカラを付けていきたいと思います。

安井章人

 

2018年2月 9日 (金)

ブログ始めました!

ブログをはじめてみることにしました!

仕事のこと、他愛もないことを含めてアップしていきます。

スタッフも週ごとに書いていく予定(?)です。

さてまずは私が書かないと誰も書きませんので失礼をば。

私が26歳のとき―平成19年に司法書士試験に合格して、

平成20年に司法書士登録・開業したので早10年という節目の年になります。

あっ!という間に過ぎていった感があります。

アルバイトの経験だけで、社会人経験もなく始めたため、名刺交換の作法すらわからないところからの出発でした。

そんな中、士業(サムライ業)の集まる異業種交流会(フレッシュマンフォーラム)で知り合ったメンバーとは今でも仲良くさせてもらったり、

様々な仕事を通して多種多様な方々とお会いしたり、

叱咤激励を受けつつも現在に至りました。

司法書士としてはまだまだ若輩の部類ですが、

「親しみやすい、相談しやすい、わかりやすい」をモットーに、

人と人とのつながり「縁」を大切にして邁進していきます。

どうぞ、安井司法書士事務所をよろしくお願いします。

無料ブログはココログ