« 高校で出前授業 | トップページ | 法定相続情報証明制度 »

2018年2月16日 (金)

商業登記のフリガナ表記

最近は少しずつ暖かくなってきました。

事務所内はスタッフが寒がりな人が多く、室温は下げれば顰蹙を買うので、

私はひんやりしたへ移動。仕事は程よく寒いほうが効率が上がります。

さて、今日は司法書士実務に直結するお話を。

政府にて決定されています、

「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」に関連して

商業登記関係で各種変更が行われるとのことです。

 

【商業登記関係では】

1、商業登記のフリガナ表記の運用が始まります。

つまり、平成30年3月12日(月)以降,法務局に商業・法人登記申請書を提出する場合には,申請書の「商号(名称)」の上部に,法人名のフリガナを記載することになります。

詳しくはコチラ→http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00109.html

2、法人番号公表サイトでも運用開始(平成3042日より順次)されます。

 ご依頼者の方(特に読みづらい商号の方)には、改めて商号名を確認させていただくことになろうかと思います。

 

3、株式会社・合同会社の設立登記(新設合併・新設分割・株式移転によるものを含む)を、

原則登記受付の翌日から3日以内に完了するものとする。(平成30312日開始)

ますますIT化の波が来ていますね。
ただ、どこまでいっても「人」が要らなくなるということはないと思います。
が、どの場面でいるかは模索していかないといけませんね。

安井章人


名古屋市 丸の内駅徒歩1分 相続・遺言・戸籍収集
「親しみやすい、相談しやすい、わかりやすい」をモットーに、
人と人とのつながり「縁」を大切に邁進します。
安井司法書士事務所

« 高校で出前授業 | トップページ | 法定相続情報証明制度 »

無料ブログはココログ